読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

随时随地,青春总是新鲜!

我看过随笔《茉莉花》。

这本随笔的作者是陈叔梅。她是汉语广播讲座的老师,也会说日语说得非常流利。初学者的我能看懂这本随笔。

茉莉花》写的是她在文化大革命时代的青春。她毕业高中以后,被分配到了电工这个职业。但是她既不善于又不喜欢电工这份工作。

有一天她听起了日语广播讲座,再后来她考上了天津外语大学日语系。然后她的新人生开始了。

她的青春充满了希望,挫折,友情,成长。随时随地,青春总是新鲜!

Anytime, Anywhere, the Youth Age Is Fresh!

I have finished an essay called "Jasmine flowers."

The author of this essay is Chen Shu Mei. She is a teacher of Chinese language TV lecture, and she can speak Japanese very well. I, as a beginner, could read this essay.

In "Jasmine flowers" she described her youth age in the Great Cultural Revolution era.
After she finished high school, the government ordered her to work in electrical engineering. She wasn't good at and interested in her work at all.
One day she heard Japanese language radio lecture, and finally she entered Tianjin Foreign Language University Japanese department. Then her new life began.

There were full of hope, failure, friendship, and growth in her youth age.
Anytime, anywhere, the Youth age Is fresh!

どんな時代、どんな場所でも、青春は新鮮だ!

茉莉花」というエッセイを読み終えた。

このエッセイの作者は陳淑梅である。彼女は、中国語放送講座の講師で、日本語も堪能である。初学者の私もこの随筆を理解することができた。

茉莉花」は文化大革命時代の彼女の青春を描いている。

彼女は高校を卒業したあと、政府は彼女を電気工にさせた。彼女は電気工の仕事は得意でなかったし、好きでもなかった。ある日、日本語の放送講座を聴き、ついには天津外国語大学日本専攻に入学することができた。そして、新しい人生が始まる。

彼女の青春時代は、希望、挫折、友情、成長に満ちている。どんな時代、どんな場所でも、青春は新鮮だ!