読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春树的小说《骑士团长杀人事件》的感想

之前的小说《1Q84》挑战性的,但是《骑士团长杀人事件》是保守的。

他的过去的小说是第一人称的,视点是“我”。他在《1Q84》试过了第三人称,视点是“他,她”。牛河在《1Q84》是一个新类型的人物。村上春树的过去的小说里还没有他这种类型人物。《1Q84》扩大了村上春树的世界。因为《1Q84》与他的以前的小说不一样,所以老粉丝感到了困惑。

《骑士团长杀人事件》回到了第一人称。这部小说里没有牛河这种类型的人物。《骑士团长杀人事件》像他的以前的小说,特别是《奇鸟行状录》老粉丝可能比《1Q84》更喜欢《骑士团长杀人事件》。

我自己喜欢《1Q84》。我想看村上春树的新世界。

An Impression of Haruki Murakami’s novel “Murder of a Knight Commander”

His previous novel “1Q84” is ambitious, but “Murder of a Knight Commander” is conservative.

His old novels were written in the first person, from the standpoint “I.” He tried to write “1Q84” in the third person, from the standpoint of “he” or “she.” Ushikawa in “1Q84” was a new type of people. There was no this type of people in Haruki Murakami’s previous novels. “1Q84”broadened Haruki Murakami’s world. Old fans were confused, because “1Q84” wasn’t like his other novels.

“Murder of a Knight Commander” is back to the first person. Ushikwa type of people doesn’t appear in this novel. “Murder of a Knight Commander” is like his previous novels, especially “The Wind-Up Bird Chronicle.” Old fans might like “Murder of a Knight Commander” more than “1Q84.”

I myself like 1Q84”. I want to read Haruki Murakami’s new world.

村上春樹の小説「騎士団長殺し」の感想

前作の「1Q84」は挑戦的だったけれど、「騎士団長殺し」は保守的だ。

彼の過去の小説は一人称だった。「私」の観点である。彼は「1Q84」で三人称に挑戦している。「彼」「彼女」の観点である。「1Q84」の牛河は、新しいタイプの人物だ。村上春樹の過去の小説のなかには、彼のタイプの人物は登場しない。
1Q84」は村上春樹の世界を拡大した。「1Q84」は彼の以前の小説とは違っているので、昔からのファンは混乱した。

「騎士団殺し」は一人称に戻っている。この小説には牛河のような人物は登場しない。「騎士団長殺し」は彼の以前の小説に似ている。特に「ねじまき鳥クロニクル」に。昔からのファンは「1Q84」より「騎士団長殺し」を好むかもしれない。

私は「1Q84」が好きだ。村上春樹の新しい世界を読んでみたい。