読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国企业家在美国的成功故事

我每周都会听podcast的节目《How I Built This》。企业家在这个节目讲述他自己的故事。他们说的话经常很有意思。

www.npr.org

上个星期的企业家是一个中国人,叫Mei Xu(因为这个节目用英文,所以我不知道她的名字是怎么用汉字写成的)。

她出生在中国的七十年代。当时每个人吃同样的饭 穿同样的衣服 没有人相互攀比。她被委任为外交官,她的英文学得很好。

但是,天安门事件之后,知识分子被认为是危险的人物,她随后被送到了小城。 她等了几年,她终于她得拿到了美国的签证。

她在美国时对百货商店的包装纸很着迷,因为当时中国没有美丽的包装纸。当她去百货商店时,她发现名牌货占据了衣服,但没有家庭用品。于是她决定从中国进口家庭用品。

她的进口的家庭用品其中有芬芳的蜡烛是最受欢迎的。她和她丈夫在美国成立了一家蜡烛公司,她姐姐在中国建了一家蜡烛厂。

她的名牌称作《Chesapeake Bay Candle》。

www.chesapeakebaycandle.com

现在在百货商店,她会过去看看包装纸,然后卖她的蜡烛。

 

A Story of the Success of a Chinese Entrepreneur in the US

Every week I listen to a podcast program “How I Built This,” in which entrepreneurs talk about their own stories. Every story is quite interesting.

Last week’s entrepreneur was a Chinese called Mei Xu (because this program is in English, I don’t know her name in Chinese characters).

In 1970s she born in China. She said that at that age everybody in China ate same food and wore same clothes, so they didn’t have to envy each other.

Luckily she was educated as a diplomat, and mastered English. But after Tiananmen incident, intellectuals were recognized as dangerous, so she was sent to a small town in rural area. She had waited for several years, finally she got a US visa.

She was fascinated by wrapping paper of department stores in the US, because at that times there were no such beautiful wrapping paper in China.

While she went to department stores, she realized that brands occupied fashion but they didn’t occupy home goods. She decided to import home goods from China. In her imported home goods fragrance candles were most popular.

Her husband and she founded a candle company in the US and her sister built a candle factory in China. Her brand is “Chesapeake Bay Candle.” 

Now department stores, where she used to go to see wrapping paper, are selling her candles.


中国の起業家がアメリカで成功した話

私は毎週ポッドキャストの番組「How I Built This」を聞いている。この番組では、起業家が自分のストーリーを話す。どの人の話もとても興味深い。

先週の起業家はメイ・スーという中国人だった(この番組は英語なので、彼女の名前をどう書くのかわからない)。

1970年代に中国で生まれた。彼女によると、当時の中国は、みな同じものを食べ、同じ服を着ていたから、お互いに羨む必要がなかったという。

幸運なことに、彼女は外交官としての教育を受け、英語をマスターした。しかし、天安門事件以降、知識人は危険視され、彼女は地方の小さな町に送られた。何年も待って、ようやく米国のビザを手に入れた。

アメリカでは、デパートの包装紙に魅了された。その当時、中国では美しい包装紙というものがなかったから。

彼女がデパートに通っているとき、ファッションはブランド品に占められていたけれど、家庭用品はそうではないことに気がついた。彼女は中国から家庭用品を輸入することに決めた。彼女が輸入した家庭用品のなかで香りつきのキャンドルがいちばん人気があった。

彼女と夫は米国にキャンドルの会社を設立し、彼女の妹は中国にキャンドルの工場を作った。彼女のブランドは、「Chesapeake Bay Candle」である。

現在、かつて彼女が包装紙を見に行ったデパートでは、彼女のキャンドルが売られている。