読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

莫言的《红高粱》和村上春树的《奇鸟行状录》

我看了日语版的莫言的小说《红高粱》。

《红高粱》的世界非常剧烈,人们过着很艰苦的生活。但他们一点儿也不隐藏他们自己的欲望和情感。他们顺其自然。

我现在生活在一个和平的世界里。我觉得我比在《红高粱》的世界的人还幸福,但是我隐藏我的欲望和情感是为了使我的生活更加平静。我要打开我的心扉。

我发现了在《红高粱》和村上春树的《奇鸟行状录》有两个类似的场面,活人的皮肤被剥了的场面和被困在井里的场面。《红高粱》的更写实,《奇鸟行状录》的更虚幻。

日语版的《红高粱》是1989年发行的,《奇鸟行状录》是1994年发行的。村上春树可能以前写《奇鸟行状录》的时候看过《红高粱》。他看过了《红高粱》吗?

如果我有机会,就我想看看莫言别的作品。

 

Mo Yan’s “Red Sorghum” and Haruki Murakami’s “The Windup Bird Chronicle”

I have finished the Japanese version of Mo Yan’s novel “Red Sorghum.”

The world of “Red Sorghum” is quite fierce, and people are living hard lives. They don’t hide their desire and emotion at all. They always obey their desire and emotion.

My own life is in a peaceful world. I am much happier than people in the world of “Rea Sorghum,” but we hide my desire and emotion in order to make my life peaceful. I guess that I should open my heart more.

I found two of similar scene in “Red Sorghum” and Haruki Murakami’s “The Windup Bird Chronicle,” which are “peeling off a living human skin” scene and “trapped in a well” scene. The scenes of “Red Sorghum” are more realistic, and the scene of “The Windup Bird Chronicle” are more imaginary.

The Japanese version of “Red Sorghum” was published in 1989, and “The Windup Bird Chronicle” was published in 1994. Haruki Murakami could read “Red Sorghum” before he wrote “The Windup Bird Chronicle.” Have he read it?

If I have a chance, I would like to read Mo Yan’s other novels.


莫言「赤い高粱」と村上春樹ねじまき鳥クロニクル

莫言の小説「赤い高粱」の日本語版を読み終わった。

「赤い高粱」の世界は荒々しく、人びとは苦しい生活を過ごしている。彼らは自分の欲望や感情をまったく隠さず、常に自分の欲望と感情に従っている。

私自身の生活は、平和な世界のなかにある。「赤い高粱」の世界の人たちと比べ幸福だと思うけれど、生活を平和なものにするために自分の欲望や感情を隠している。もっと心を開いた方がよさそうだ。

「赤い高粱」と村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」のなかに、二つ似た場面があるのを見つけた。生きながら皮を剥がれる場面と、井戸の中に閉じ込められる場面である。「赤い高粱」の場面はリアルで、「ねじまき鳥クロニクル」の場面は幻想的だ。

日本語版「赤い高粱」は1989年に出版され、「ねじまき鳥クロニクル」は1994年に出版されている。村上春樹は「ねじまき鳥クロニクル」を書く前に「赤い高粱」を読むことができた。彼は読んでいたのだろうか?

機会があれば、莫言の他の作品も読んでみたいと思う。