読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《非情城市》台湾近代历史上充满了困难

在网上的中文课的老师说,我最好看电视剧,练习听会话。

我想看中国的电影,我从图书馆借给了候孝贤的电影《非情城市》的DVD。我在大学的时候看过这部电影,它让我很感动。

人们在这部电影中讲台湾语,所以我不能练习中文。但是,这部电影本体是非常有意思的。

这部电影讲述了关于第二世界大战后的台湾历史。台湾近代历史上充满了困难。

最近台湾和平,台湾人似乎很幸福我真的高兴。我祈求他们拥有持久和平和幸福。

"A City of Sadness" There were full of hardships in Taiwanese History

My teacher of the Internet Chinese lesson said to me that you'd better watch Chinese TV dramas and practice listening to conversations.

I decided to watch Chinese movies, and I lent a DVD of Hsiao Hsien-hsien's file "A City of Sadness" from a library. When I was a university student, I have seen this movie, which moved me a lot.

In this movie people spoke in Taiwanese, so I couldn't practice to listen to Chinese, but the movie itself was quite interesting.

This movie is about Taiwanese history after the second world war. There were full of hardships in Taiwanese modern history.

I am really glad that recent Taiwan is in peace and Taiwanese people seem to be happy. I hope that their peace and happiness would be lasting.

悲情城市」台湾の近代史は苦難に満ちている

中国語のネットレッスンの先生は、テレビドラマを見て、会話を聞く練習をした方がいい、と言っていた。

中国の映画を見ようと思い、図書館で侯孝賢の映画「悲情城市」のDVDを借りてきた。大学生の頃この映画を見て、とても感動した。

この映画の中では台湾語が使われていたので、中国語の練習はできなかったけれど、映画それ自体は非常におもしろかった。

この映画は第二次世界大戦後の台湾の歴史を扱っている。台湾の近代史は苦難に満ちている。

最近の台湾は平和で、台湾人は幸せそうに見えるのがうれしい。この平和と幸福が続くことを祈っている。