読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国企业家在美国的成功故事

我每周都会听podcast的节目《How I Built This》。企业家在这个节目讲述他自己的故事。他们说的话经常很有意思。

www.npr.org

上个星期的企业家是一个中国人,叫Mei Xu(因为这个节目用英文,所以我不知道她的名字是怎么用汉字写成的)。

她出生在中国的七十年代。当时每个人吃同样的饭 穿同样的衣服 没有人相互攀比。她被委任为外交官,她的英文学得很好。

但是,天安门事件之后,知识分子被认为是危险的人物,她随后被送到了小城。 她等了几年,她终于她得拿到了美国的签证。

她在美国时对百货商店的包装纸很着迷,因为当时中国没有美丽的包装纸。当她去百货商店时,她发现名牌货占据了衣服,但没有家庭用品。于是她决定从中国进口家庭用品。

她的进口的家庭用品其中有芬芳的蜡烛是最受欢迎的。她和她丈夫在美国成立了一家蜡烛公司,她姐姐在中国建了一家蜡烛厂。

她的名牌称作《Chesapeake Bay Candle》。

www.chesapeakebaycandle.com

现在在百货商店,她会过去看看包装纸,然后卖她的蜡烛。

 

A Story of the Success of a Chinese Entrepreneur in the US

Every week I listen to a podcast program “How I Built This,” in which entrepreneurs talk about their own stories. Every story is quite interesting.

Last week’s entrepreneur was a Chinese called Mei Xu (because this program is in English, I don’t know her name in Chinese characters).

In 1970s she born in China. She said that at that age everybody in China ate same food and wore same clothes, so they didn’t have to envy each other.

Luckily she was educated as a diplomat, and mastered English. But after Tiananmen incident, intellectuals were recognized as dangerous, so she was sent to a small town in rural area. She had waited for several years, finally she got a US visa.

She was fascinated by wrapping paper of department stores in the US, because at that times there were no such beautiful wrapping paper in China.

While she went to department stores, she realized that brands occupied fashion but they didn’t occupy home goods. She decided to import home goods from China. In her imported home goods fragrance candles were most popular.

Her husband and she founded a candle company in the US and her sister built a candle factory in China. Her brand is “Chesapeake Bay Candle.” 

Now department stores, where she used to go to see wrapping paper, are selling her candles.


中国の起業家がアメリカで成功した話

私は毎週ポッドキャストの番組「How I Built This」を聞いている。この番組では、起業家が自分のストーリーを話す。どの人の話もとても興味深い。

先週の起業家はメイ・スーという中国人だった(この番組は英語なので、彼女の名前をどう書くのかわからない)。

1970年代に中国で生まれた。彼女によると、当時の中国は、みな同じものを食べ、同じ服を着ていたから、お互いに羨む必要がなかったという。

幸運なことに、彼女は外交官としての教育を受け、英語をマスターした。しかし、天安門事件以降、知識人は危険視され、彼女は地方の小さな町に送られた。何年も待って、ようやく米国のビザを手に入れた。

アメリカでは、デパートの包装紙に魅了された。その当時、中国では美しい包装紙というものがなかったから。

彼女がデパートに通っているとき、ファッションはブランド品に占められていたけれど、家庭用品はそうではないことに気がついた。彼女は中国から家庭用品を輸入することに決めた。彼女が輸入した家庭用品のなかで香りつきのキャンドルがいちばん人気があった。

彼女と夫は米国にキャンドルの会社を設立し、彼女の妹は中国にキャンドルの工場を作った。彼女のブランドは、「Chesapeake Bay Candle」である。

現在、かつて彼女が包装紙を見に行ったデパートでは、彼女のキャンドルが売られている。

六年前东日本大地震

那一天我和父母还有太太在大宫,是一个东京的郊区,一起打高尔夫球。

因为我们在高尔夫球场感到强烈震感,所以我们回到了俱乐部。然后我们在电视上看到了海啸的消息。我不知道看到了什么。

因为所有电车停止,所以我们不能回到家。大宫站前面有很多的人。他们哪儿也不能去。我们在大宫站前面过了整晚,我们终于在清晨赶上出租车回到了家。

那一个月我在电视上看到了很多海啸和福岛核灾难的场景,情绪变得不稳定。我决定不看电视了。

目前我虽然过着平和的生活,但是不能忘记这些场景。

Six years ago the Great East Japan Earthquake occurred

At that day my parents, my wife and I played golf in Omiya, near Tokyo together. We felt a strong earthquake, so we came back to the club house. And then I watched the news about tsunami on TV. I couldn’t believe what I watched.

Because all the trains stopped, we couldn’t go back home. There were a lot of people who couldn’t go anywhere in front of Omiya station. We spent all night long in front of Omiya station, and at last we could catch a taxi to go back home.

I had watched so many scenes of the tsunami and the Fukushima nuclear disaster for a month, that my emotional state had became instable. I decided to stop watching TV.

Now I’m living a peaceful life, but I can’t forget these scenes at all.

六年前、東日本大震災が起こった

その日、私は両親と妻と一緒に東京の郊外にある大宮でゴルフをしていた。ゴルフ場で強い地震を感じたので、クラブハウスに戻った。その後、テレビで津波のニュースを見た。自分が見たものが信じられなかった。

すべての電車が止まっていたので、家に帰ることができなかった。大宮駅前にはとても多くの人がいた。彼らもみなどこにも行けなかった。大宮駅前で一夜を明かし、ようやくタクシーを捕まえて、家に帰ることができた。

一ヶ月の間、テレビで津波と福島原子力発電所事故の映像をたくさんみたので、情緒不安定になった。テレビを見ないことにした。

今は平和な生活を送っているけれど、あの場面は決して忘れることができない。

莫言的《红高粱》和村上春树的《奇鸟行状录》

我看了日语版的莫言的小说《红高粱》。

《红高粱》的世界非常剧烈,人们过着很艰苦的生活。但他们一点儿也不隐藏他们自己的欲望和情感。他们顺其自然。

我现在生活在一个和平的世界里。我觉得我比在《红高粱》的世界的人还幸福,但是我隐藏我的欲望和情感是为了使我的生活更加平静。我要打开我的心扉。

我发现了在《红高粱》和村上春树的《奇鸟行状录》有两个类似的场面,活人的皮肤被剥了的场面和被困在井里的场面。《红高粱》的更写实,《奇鸟行状录》的更虚幻。

日语版的《红高粱》是1989年发行的,《奇鸟行状录》是1994年发行的。村上春树可能以前写《奇鸟行状录》的时候看过《红高粱》。他看过了《红高粱》吗?

如果我有机会,就我想看看莫言别的作品。

 

Mo Yan’s “Red Sorghum” and Haruki Murakami’s “The Windup Bird Chronicle”

I have finished the Japanese version of Mo Yan’s novel “Red Sorghum.”

The world of “Red Sorghum” is quite fierce, and people are living hard lives. They don’t hide their desire and emotion at all. They always obey their desire and emotion.

My own life is in a peaceful world. I am much happier than people in the world of “Rea Sorghum,” but we hide my desire and emotion in order to make my life peaceful. I guess that I should open my heart more.

I found two of similar scene in “Red Sorghum” and Haruki Murakami’s “The Windup Bird Chronicle,” which are “peeling off a living human skin” scene and “trapped in a well” scene. The scenes of “Red Sorghum” are more realistic, and the scene of “The Windup Bird Chronicle” are more imaginary.

The Japanese version of “Red Sorghum” was published in 1989, and “The Windup Bird Chronicle” was published in 1994. Haruki Murakami could read “Red Sorghum” before he wrote “The Windup Bird Chronicle.” Have he read it?

If I have a chance, I would like to read Mo Yan’s other novels.


莫言「赤い高粱」と村上春樹ねじまき鳥クロニクル

莫言の小説「赤い高粱」の日本語版を読み終わった。

「赤い高粱」の世界は荒々しく、人びとは苦しい生活を過ごしている。彼らは自分の欲望や感情をまったく隠さず、常に自分の欲望と感情に従っている。

私自身の生活は、平和な世界のなかにある。「赤い高粱」の世界の人たちと比べ幸福だと思うけれど、生活を平和なものにするために自分の欲望や感情を隠している。もっと心を開いた方がよさそうだ。

「赤い高粱」と村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」のなかに、二つ似た場面があるのを見つけた。生きながら皮を剥がれる場面と、井戸の中に閉じ込められる場面である。「赤い高粱」の場面はリアルで、「ねじまき鳥クロニクル」の場面は幻想的だ。

日本語版「赤い高粱」は1989年に出版され、「ねじまき鳥クロニクル」は1994年に出版されている。村上春樹は「ねじまき鳥クロニクル」を書く前に「赤い高粱」を読むことができた。彼は読んでいたのだろうか?

機会があれば、莫言の他の作品も読んでみたいと思う。

张艺谋导演的电影

我开始看日语版的莫言的小说《红高粱》了。看这本小说以后,我想为了中文的听力的练习看张艺谋导演的电影《红高粱》。

张艺谋在日本也很著名,我看过几部他的作品。我在他的作品里最喜欢的是《秋菊打官司》。他做过很多大件作品,不过我更喜欢他的小品。《秋菊打官司》在中国被评价怎么样?大件作品比小品评价更高吗?

他的大件作品非常有意思,比如我《英雄》看的很开心。但是看他的小品的话,普通的中国人的生活和想法理解得很好。

我想我早晚都能看汉语版的《红高粱》。

Films Directed by Zhang Yimou

I just begin to read Japanese translated version of Mo Yan's novel "Red Sorghum." After I finish this novel, I want to watch Zhan Yimou's film "Red Sorghum" in order to practice to listen to Chinese conversations.

In Japan Zhang Yimou is also famous, and I have watched some of his films. In his work I like the film "The Story of Autumn Flower" most.

He made a lot of great movies, but I like his small pieces more.; How "The Story of Autumn Flower" is evaluated in China? Are his great movies evaluated more highly than his small pieces?

His great movies are quite fun. For example I was very fun to see the movie "Hero." But I can understand ordinal Chinese people's way of life and thinking very well to watch his small pieces.

Someday I want to be able to read Chinese version of "Red Sorghum."

張芸謀監督の映画

莫言の小説「赤い高粱」の日本語訳を読み始めている。この小説を読み終わったら、中国語のヒアリングの練習のために張芸謀の映画「紅いコーリャン」を見ようと思う。

張芸謀は日本でもとても有名で、私は彼の作品をいくつか見たことがある。彼の作品では「秋菊の物語」がいちばん好きだ。

彼は大作をたくさん作っているけれど、私は小品の方が好きだ。「秋菊の物語」は中国ではどのように評価されているのだろう?大作の方が小品より高く評価されているだろうか?

彼の大作はとてもおもしろい。例えば、「ヒーロー」を楽しく見ることができた。しかし、彼の小品を見ると、ふつうの中国人の生活と考え方がとてもよく理解できる。

いつか中国語版の「赤い高粱」を読めるようになりたい。

理想的假日

上个星期六我过了一个理想的假日。

清晨起床以后,我先打扫,然后做早饭,泡咖啡。我和我老婆一起吃了早饭。晴朗的清晨在干净的房间里喝的咖啡真好喝。

上午我在网上学了一个小时的中文课,然后我去游泳池游了2000米。我用尽了脑力和体力。之后我和老婆碰面,一起去吃饭,买东西。我回到家后,马上睡午觉。

睡醒後,先喝了一杯啤酒,然后開始做晚饭。睡过午觉以后喝杯啤酒真不错。傍晚我们一边吃晚饭一边看电视。

晚上我睡得很香甜。

这样休息日最理想。

An Ideal Holiday

Last Saturday I spent an ideal holiday.

At early morning I woke up. At first I cleaned my room, and then I cooked breakfast and made coffee. My wife and I ate breakfast together. It is really nice to drink coffee in a clean room at sunny morning.

In the morning I took a Chinese class on the Internet for a hour, and then went to a swimming pool to swim for 2,000 meters. I was exhausted mentally and physically. I met my wife and went to lunch and shopping. As soon as I was back home, I took a nap.

After I woke up, at first I drunk a glass of beer, and then cooked dinner. It is really nice to drink beer after a nap. In the evening we were watching TV during dinner.

In the night I slept deeply.

This is the ideal holiday.

理想の休日

前の土曜日に理想の休日を過ごすことができた。

朝早く起床して、まず掃除をし、その後、朝食を作り、コーヒーをいれた。妻と一緒に朝食を食べた。晴れた早朝、きれいな部屋で飲むコーヒーはほんとうにおいしい。

午前中、インターネットの中国語の授業を一時間受けて、その後プールに行って2,000メートル泳いだ。知力も体力も使い尽くした。妻と待ち合わせて、食事をして買い物をした。家についてすぐ昼寝をした。

起きてからまずビールを一杯のみ、夕食を作った。昼寝の後のビールはほんとうにおいしい。夕方、私たちは夕食を食べながらテレビを見た。

夜はぐっすり眠った。

こんな休日が理想だ。

《非情城市》台湾近代历史上充满了困难

在网上的中文课的老师说,我最好看电视剧,练习听会话。

我想看中国的电影,我从图书馆借给了候孝贤的电影《非情城市》的DVD。我在大学的时候看过这部电影,它让我很感动。

人们在这部电影中讲台湾语,所以我不能练习中文。但是,这部电影本体是非常有意思的。

这部电影讲述了关于第二世界大战后的台湾历史。台湾近代历史上充满了困难。

最近台湾和平,台湾人似乎很幸福我真的高兴。我祈求他们拥有持久和平和幸福。

"A City of Sadness" There were full of hardships in Taiwanese History

My teacher of the Internet Chinese lesson said to me that you'd better watch Chinese TV dramas and practice listening to conversations.

I decided to watch Chinese movies, and I lent a DVD of Hsiao Hsien-hsien's file "A City of Sadness" from a library. When I was a university student, I have seen this movie, which moved me a lot.

In this movie people spoke in Taiwanese, so I couldn't practice to listen to Chinese, but the movie itself was quite interesting.

This movie is about Taiwanese history after the second world war. There were full of hardships in Taiwanese modern history.

I am really glad that recent Taiwan is in peace and Taiwanese people seem to be happy. I hope that their peace and happiness would be lasting.

悲情城市」台湾の近代史は苦難に満ちている

中国語のネットレッスンの先生は、テレビドラマを見て、会話を聞く練習をした方がいい、と言っていた。

中国の映画を見ようと思い、図書館で侯孝賢の映画「悲情城市」のDVDを借りてきた。大学生の頃この映画を見て、とても感動した。

この映画の中では台湾語が使われていたので、中国語の練習はできなかったけれど、映画それ自体は非常におもしろかった。

この映画は第二次世界大戦後の台湾の歴史を扱っている。台湾の近代史は苦難に満ちている。

最近の台湾は平和で、台湾人は幸せそうに見えるのがうれしい。この平和と幸福が続くことを祈っている。

春节的时候,我们全家人和我妻子的朋友们一起去吃了饭

春节的时候,我、我妻子、我妻子的同事,还有她的丈夫和他们的两个女儿一起去吃了饭。

她的丈夫是韩国人。近他从原公司辞职了,建立了他自己的公司。他非常忙,连新年日也不能休假。

因为春节期间,他韩国的生意伙伴休假,所以他也能休假,因此我们就能一起去吃饭。

他说,从原公司辞职以后,韩国的前同事们很热情,但是日本的前同事就很无情。我想到,自己辞职后,和前同事们也联系得不多了,我应该和他们多交流。

春节结束了。现在梅花盛开了春天就要来了。

On Lunar New Year's Day Our Family and My Wife's Friend Went to Lunch

On lunar new year's day my wife's colleague, her husband, their two daughter, my wife and I went to lunch together.

Her husband is a Korean. Recently he resigned his company, and started up his own company. He is so busy that he couldn't take a day off even on new year's day.

On lunar new year's day his business partners in Korea took a vacation, so he also could take a vacation, and we could go to lunch together.

He said that after resign of his company Korean excolleagues were very kind but Japanese excolleagues were unkind. I found that I myself didn't keep in touch with my excolleagues well, and I should talk with them more.

Lunar new year's day was over. Now plum blossoms are blooming. Spring will come soon.

春節にうちの家族とつれあいの友人たちとでランチに行った

春節に、私、妻、妻の同僚、彼女の夫、彼らの二人の娘といっしょにランチに行ってきた。

彼女の夫は韓国人である。最近、彼は会社を辞めて、自分の会社を立ち上げた。とても忙しく、正月も休めなかった。

春節は、彼の韓国にいるビジネス・パートナーが休みを取るので、彼も休むことができ、わたしたちと一緒にごはんを食べに行った。

彼によると、会社を辞めてから、韓国人のかつての同僚たちは親切だけど、日本人のかつての同僚たちは親切ではないという。考えてみれば、私自身、退職したかつての同僚たちとあまり交渉がない。もっと交渉しなければ。

春節が終わり、いまは梅が咲いている。春はもうすぐやってくる。